読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界一臆病な旅人

世界中の人のストーリーを知る旅に出る

オーストラリアは日本より25倍はユルい国であるという心地よさ

オーストラリア ワーホリ

f:id:kombutake:20160919165139j:plain

オーストラリアは、すごい

なにがすごいって、住んでいる人ほとんどがありえないくらいゆーったり過ごしている
というわけでオーストラリアというユルい国についてあなたに伝えたい。こんなにユルくてもいいんだってことを。


基本的にビールを飲むことしか考えてない

これディスってるわけではなくて





ただの事実



オーストラリア人、めっちゃビールを飲みます。水の代わりにビールを飲む。毎日毎日顔を最大限まで赤くしながら飲むとかフツーです。私の知り合いのおっちゃんは毎日ビール10缶飲んでました。



ビールはオーストラリア内で一番飲まれているアルコール飲料で、国内アルコール販売額のうち半分以上を占めているらしい。まじか。どうりでオーストラリアのおじさん達の右手にはいつもビール缶があったわけだ。



仕事終わればビール

金曜日は午前で仕事を終わらせて昼からビール

週末は朝からビールや!!!!ウエエェェェェェeeeeeイ!!!



みたいな感じで。いつでもビールを飲んでいます、奴らは。

しかれどもそれは同時に、お酒を飲んで友達や家族と団欒する時間をとても大切にしているとも言えるわけです。とにかくお酒を飲みながら、人とたくさん話してたくさん笑うというのが彼らのリラックスの仕方なんですね。お酒を飲む席にいけば、みんなとてもフレンドリーで喋りやすく、すぐ友達になれてしまいます。だってすでにすごく酔っているから。幸せで何よりだよ


アウトドアとBBQが好きすぎる

オーストラリアでとても印象的な生活のスタイルがこれ

f:id:kombutake:20160919165449j:plain
van

Vanでのワイルド生活ですね(日本ではキャンピングカーというらしい)



オーストラリアのバックパッカーたちにとってはある種、夢のようなものとなっているVanでのワイルド生活。オーストラリア国内を旅するならVanを買って、好きなように旅をしたいと思うものです。

どういう生活かというと、ズバリ「車でどこでも好きなとこに行って、車の中で寝る」というもの。なんと自由なんだ!Vanでの旅は、自分の行きたいと思うところに思いつきで行きます。今日は山に行って滝で泳ごうと思えば山に行き、海辺でゆったりしようと思えば海辺に行き、何もしたくなかったらVanの中で読書をし、移動しても移動しなくてもいい、どんな気分かに合わせて自分自身で旅をカスタマイズする。最高ですねッ

実はこれ、自然に溶け込んだ生活なのです。だって朝日が昇ったら自然と車の中に光が差してきて起きます。車に積んであるコンロでお湯を沸かしてコーヒーを作り、ブレッド(ただの食パン)にジャムをつけて、朝のそよ風に吹かれながら朝ごはんを食べる。そのまま読書を始めたり、自然の中を散歩したりして過ごしたりする朝は本当に気持ちいい。夕方はだいたい日が落ちる前に夕食を作り終えてしまうか、電灯のあるBBQプレイスに行って作る。日が落ちてからは周りは暗くてあまり何をすることもできないから、お酒を飲みながらトラベルパートナーと談笑するか、小さな明かりで読書をするとかしかできない。(金曜の夜は決まってパブに行く ←)

とてもゆったりとしていて自然と一体となった生活。



Vanでの旅というのはバックパッカーに限ったことではなく、オーストラリア人の生活文化と言えると思います。特によく見かけたのは、老後のカップルたちです。老後の方達にとって、Vanでオーストラリア中を周りながら落ち着いた暮らしをするのは理想の生活なんですね。



またオーストラリアは様々な気候帯があるので(北部は熱帯地域「だいぶ暑い」、中部は亜熱帯地域「暑い」、南部は温帯地域「ふつう」)、夏の暑い時には北部の人たちが南部に下っていきますし、冬の寒い時には南部の人たちが北上します。本当にたくさんの人たちがVanでの移住生活を送っていて、なんか自由だな…と思ってしまいます。いいな。

考え方がユルい・英語で言うとLazyな奴ら

オーストラリアの国民性を一言でいうとするならば、たくさんの人があげるのは「Lazy(レイジー)」という言葉であります。

Lazy 怠惰な、不精な、眠気を誘う、もの憂げな、けだるい、動きののろい

Weblioより引用

おいおい言い過ぎ言い過ぎ。もちろんオーストラリア人全員がLazyということはありません。真反対の性格の人もいますし、人それぞれです。しかし、日本人のことを「礼儀正しい」と総称して言うのと同じように割合としてLazyな人が多いというだけでしょうね。

これに関しては私の友達のオーストラリア人自らが言っておりました。「オーストラリア人はLazyすぎるんだ。そんなやつらばかりで国として成長すると思うかい?」と不満をぶつけてこられました。そういうあんたも仕事せんと飲んどるやないかい。



オーストラリア人はLazyなのかということですが、私は人々が特にLazyな性格を持っているというわけではなくて、約束事とか時間とかに厳しくないオーストラリアの文化なのだと思うんですね。例えば、シェアハウスを探しているとき部屋を内覧させてくれるということで初対面の人とその家の外で待ち合わせをするなんて時がありました。その時間通りに行くのは当たり前だしむしろ5分前には家の前について待っているくらいのレベルじゃないですか。しかし…ね、オーストラリア人時間とか気にしてませんから。「着いたよ」とかってメッセージすると、「そうなの?まだ家にいないから5分待ってて」とか言うんですよ。いやいや、おれよ。それも5分って言われたなら確実に20分は待たされます。その後キラキラの笑顔で「調子どお〜?(キラキラ)」って言ってきます。なんやねん。



私が思うに、彼らはだいたいの時間で時間を設定しているんですね。だからその時間ピッタリに到着してなければいけないなんて微塵も思ってないんですよ。それも約束事とかも同じです。これも実際にあった話ですが、一緒に車で買い物に行って「1時間後に出口で会おうね〜」って言ってお互いバラバラに買い物をしたわけです。そして1時間後、出口にてそのオーストラリアの友達を待っていると来ない。いつまでたっても来ない。 私はだいぶ心配しまして、デッカい店の中をひたすら探してみたけどいないから、家に帰ったわけですね。そしたら、ええ、いたんですよ家に。ホラーでも見たかのように驚く私に「途中で友達と会って〜乗せて帰ってもらった☆ごめん携帯なくてさ」ってええlkjg vl!!!!????



っていうこともあるんだけど。悪気がないんですね。逆に小憎たらしいわ



びっくりするかもしれませんが、海外ってそんなもんです(バーンッ)なので、私も慣れてくるわけで、待ち合わせに到着もしないうちから「着いたよ☆」って連絡して相手を急がせるとか、約束事もふんわりとした認識を持つようになっていました。環境ってすごい。



===========================



このように憎たらしいやらかわいらしいユルさを持つオーストラリアですが、本当にFreedomという言葉がよく似合う最高の国だったと思います。私は移住しようとまでは思わなかったけれど、他にいい国がなかったら移住する候補にはあがるなあと思うような国です。



オーストラリア、最高



この記事がいいと思った方は是非こちらクリックをお願いします!↓

ワーキングホリデー ブログランキングへ




是非なにかコメントありましたら、ください!
ワーホリしてる人、旅好きな人、まんが好きな人、ぐーたらしてる人とかエトセトラ
よろしくお願いします
f:id:kombutake:20160918180850j:plain